離婚は慎重にした方が良い

離婚は芸能人の特権ではなく、思っているよりも世間に溢れているものです。

その数は、結婚した組のおよそ3分の1と言われていますので、何ら珍しいことではありません。
だからといって、気軽に離婚をしていいというものでもありません。
結婚をした時にそうしたように、離婚に関しても真剣に向き合い考えていく必要があります。
本当に離婚をすべきなのか?話せばまだ修復が可能ではないか?子どもがいる場合、その将来に影響を与えることはないか?などを話し合うべきでしょう。
離婚しようと思う理由は人それぞれですが、後で後悔をしないようにとことん考えましょう。
そうやってお互いに考えた結果、離婚をすることになっても手続きに入るのは少し待ちましょう。
離婚をしても、人生はまだまだ続きます。
そのため離婚をすることになったら、その後の生活を考えての準備をしなければいけません。
それをすることで、新しい人生もいくらか前向きな気持ちでスタートが切れます。

離婚は慎重にした方が良い

離婚の前にすべき事

離婚後の性離婚の前にすべきこと 離婚をするその前に、姓について考えて見ましょう。
離婚をすれば、妻は結婚前の姓に変わらなければいけないと思っている人もいるでしょう。
しかし実はそうではなく、離婚をしても姓は戻さずにいることも可能なのです。
もし離婚をしても現在の姓でいたいのなら、離婚後3ヶ月以内に届出を出す必要があります。
3ヶ月を過ぎてから戻したくなっても不可能ではないのですが、家庭裁判所にて申し立てをしなくてはいけません。
簡単に戻せるわけではありませんので、どちらにするのか離婚をするその前には決断をしておきましょう。
また財産分与についても、離婚するその前に決めておかなくてはいけません。
財産というのは何もお金についてだけではなく、保険や株、車や不動産など…。
結婚をしてから夫婦が手に入れてきたこうした資産は、どれもその対象に含まれます。
離婚後の生活を考えても、こうした財産は必需品となりますので非常に重要なことでしょう。
そして、何よりも重要なのは子どもの今後です。
どちらが親権者になるのかということはもちろん、養育費や親権を得なかった場合の面会交渉権のことも話し合う必要があります。
夫婦だけではなく、子どもの気持ちも尊重してあげましょう。
その他にも住居の確保やどちらかに非がある場合の慰謝料など、するべきことは膨大にあります。
信頼できる弁護士を見つけて、離婚をするその前から相談をしていきましょう。

早急に弁護士相談することをおすすめいたします

トラブルを避けるためにも、離婚を考えられている当初から弁護士に相談しておくことを、ぜひおすすめいたします。弁護士が夫婦の間に入れば、裁判所を介さない協議離婚の場合でも相手方と十分な協議をつくし、合意内容の履行確保のため必要に応じて強制執行認諾文言約款付公正証書を作成するなどの手段を講じます。また、当事者間の話し合いではまとまらず、裁判所の調停や訴訟手続を行う場合おいても、弁護士はあなたの代理人として手続きを進めることができるので安心です。

お気軽にご相談下さい。弁護士との簡単な相談も可能です

小さな悩みが大きな悩みになる前に、お気軽に相談してみてください。思いもよらない解決への道が開けるはずです。
※お電話では簡単なご説明のみとなります。内容に応じてご来所頂く事をおすすめいたします。
料金は15万円〜(ケースバイケースにて変動いたします)先ずはお気軽にご相談を。

法律相談・ご予約

  • こちらのフォームにて法律相談及び、予約の受付を行っております。ご依頼、ご相談事項をご入力の上「送信」ボタンを押して下さい。内容確認後こちらから改めて連絡させて頂きます。
  • フォームへの入力がご面倒な場合はお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。その際「ホームページを見たと」とお伝え下さい。

弁護士に電話で相談

  • 法律相談以外のお問い合わせ、営業等に関しましては当フォームのご利用をご遠慮下さい。
  • メールでのご相談は一般的な法律回答に限られます。問題の解決をご希望の場合はご来所頂く必要が御座います。

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

問合せカテゴリー

対応希望弁護士 (※ ご希望に添えない可能性もございます。予めご了承下さい。)

問合せ表題

ご相談内容

個人情報保護指針への同意
黄櫨綜合法律事務所ではお客様のプライバシーを第一に考えSSLによる暗号化通信を採用しています。安心してフォームをご利用下さい。